カーター氏、訪朝に意欲 トランプ政権は否定的

© Sputnik / Valeriy Melnikovカーター氏、訪朝に意欲 トランプ政権は否定的
カーター氏、訪朝に意欲 トランプ政権は否定的 - Sputnik 日本
カーター元米大統領が22日付の米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューで、核・ミサイル開発を進める朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)をめぐる情勢打開に向け、トランプ政権のために訪朝し、緊張緩和に協力する意向を示した。共同通信などが伝えた。

スプートニク日本

安倍首相 - Sputnik 日本
安倍首相 プーチン大統領との新たな会談を準備 選挙後初の記者会見で
ただ、トランプ政権側は否定的な見解を示しており、実現可能性は不透明だ。ホワイトハウス当局者はNHKに対し、「ナンセンスだ」と述べている。

カーター氏は、北朝鮮が「朝鮮半島や日本、太平洋の米領土、おそらく米本土も破壊できる核兵器を保有していると思う」と述べ、先制攻撃に踏み切る恐れもあると指摘。友人関係にあるマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)には既に「必要ならば、私には(行く)用意がある」と伝えたという。

カーター氏は退任後の1994年に電撃訪朝して当時の金日成(キム・イルソン)主席と会談し、いわゆる第1次核危機の回避に尽力したほか、北朝鮮に拘束されていた米国人解放などのため、2010年と11年にも北朝鮮を訪れている。

関連ニュース

米国と力の均衡、最終目標=北朝鮮外務省米局長

日本衆院選 北朝鮮、日米防衛協力推進を警戒

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала