露日の研究者 豪雪地帯の港湾建設技術を合同で開発へ

© Sputnik / Ramil Sitdikovロシアの極東連邦大学
ロシアの極東連邦大学 - Sputnik 日本
ロシアの極東連邦大学と日本の研究者らは合同で複雑な気候条件の地域での自動車道、港湾インフラ建設の新技術の開発に取り組む。極東連邦大学が明らかにした。

スプートニク日本

極東連邦大学は北海道の寒地土木研究所との間に合意を締結した。極東連邦大学エンジニアスクールのアレクサンドル・ベッケル所長の話では共同研究の提案をもちかけたのは日本側。露日は豪雪地帯での道路建設技術、氷または雪の吹き溜まり対策、港の防波堤、津波防波堤設備に取り組む。

ベッケル所長は「日本の研究所は我々の行う北極圏、海上工事の調査に関心を寄せている。このほか我々は冷却用に氷、雪のエネルギーを利用する合同学術研究の経験がある。このため新たなプロジェクトは成功すると思う。合意締結によって学生や若い研究者らは日本での研修の機会が得られる」と語っている。

関連ユース

露日間貿易 8カ月間で17%増加

旭日章授与のロシア人5人が発表

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала