ロシアの改良型極音速戦略爆撃機が公開される【動画】

© Sputnik / Iskander Asabaev / メディアバンクへ移行改良型戦略爆撃機「Tu-160M2」
改良型戦略爆撃機「Tu-160M2」 - Sputnik 日本
ゴルブノフ記念カザン航空工場で、改良型戦略爆撃機「Tu-160M2」飛行試験ステーションに送られた。ミサイルを搭載可能な同機は、同社の再構築プログラムによって建てられた新しい格納庫から現れた。サイト「KazanFirst」が報じた。初公開式には記者団が出席した。

スプートニク日本

改良型のTu-160M2の初飛行は来年2月を予定している。ロシア国防省は、少なくとも50機の購入を予定している。

Ту-160М2は極音速戦略爆撃機「Tu-160」の基本型を根本的に改良したもの。主な違いは、新しい電子システムを含む機体の無線電子機器類にある。刷新された機器類の割合は6割に及ぶ。また、新たな空中撃破手段が搭載される。

関連ニュース

露国防省、ロシア軍に占める現代兵器の割合を発表する

中国の超音速兵器が撮影される【動画】

米 極超音速兵器の開発時期が明らかに

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала