国際原油価格 バラバラな値動き WTI原油は上昇、ブレント原油は値下がり

国際原油価格は17日午前、様々な方向の値動きを見せている。ブレント原油はウィーン合意の参加国首脳らが取引の延長もありうるという声明を出したにもかかわらず、依然として値下がりを続けている一方で、WTI原油の方は前日の米国の統計発表に反応して値上がりに転じた。

スプートニク日本

日本時間14時43分の時点でブレント原油1月先物価格は0.29%下がって1バレル61ドル18セントに、WTI原油12月先物価格は逆に0.24%上がって1バレル55ドル27セントの値を付けている。

原油関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала