イルカは麻薬の発明家?!

© Sputnik / Anton Denisov / メディアバンクへ移行イルカ
イルカ - Sputnik 日本
ドキュメンタリー番組「Dolphins: Spy in the Pod」の撮影班が、麻薬として有毒フグの神経毒を用いるイルカを撮影した。

スプートニク日本

フグは神経毒であるテトロドトキシンをはじめとする毒を皮膚、腹膜および内臓に有している。しかし、ごく少量のテトロドトキシンは麻薬的な効果を引き起こす。

動物学者によると、イルカたちは「実験的」に、フグに適量の毒を出させる方法を発見した。イルカはふぐを慎重に「噛む」ことで、トランスに近い状態に入る。

サイト「TechDisease」によると、イルカは水中の、亀や魚、イカにカモフラージュしたロボットに設置した隠しカメラで撮影。カメラにより、自然な生息環境で900時間もイルカを観察することに成功した。

関連ニュース

リスに興味津々なイルカたち

ポクロンスカヤさん イルカと泳ぐバカンス写真を公開【写真】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала