ロシアの偉大な作家チェーホフの死因が明らかに

© © www.my-chekhov.comロシアの偉大な作家チェーホフの死因が明らかに
ロシアの偉大な作家チェーホフの死因が明らかに - Sputnik 日本
生物科学研究所の研究チームがロシアの偉大な作家で劇作家アントン・チェーホフの直接の死因は脳内出血だと明らかにした。

スプートニク日本

チェホフ - Sputnik 日本
チェーホフ 日本にまでたどり着く
チェーホフの署名付きハガキ、手紙、死亡時に作家が着ていた血痕付きのシャツから採取されたサンプルの化学組成を調べた後、結核菌の存在を示すタンパク質に加え血栓の形成を促進するタンパク質物質を発見した。血栓は血管閉塞や脳内出血を引き起こした。英紙タイムズが報じた。

チェーホフは1904年7月15日、結核の転地療法のため訪れていたドイツのリゾート地バーデンワイラーの病院で亡くなった。チェーホフの妻オリガ・クニッペルが伝えるところ、チェーホフはシャンパンを一杯求め、「シャンパンを長い間飲んでいないな」と言い、笑みを浮かべながら飲み干した。その直後、チェーホフは左向きに横たわり、亡くなった。

関連ニュース

中国 チェーホフ生誕155周年を記念して書簡集出版

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала