首相、改憲発議へ協力要 「多くの党の賛同を」

© AFP 2022 / Toshifumi Kitamura安倍氏(アーカイブ)
安倍氏(アーカイブ) - Sputnik 日本
安倍晋三首相は7日放送のNHK番組で、憲法改正の国会発議について「多くの党の賛同を得る形で発議してほしい」と述べ、連立を組む公明党や野党に協力を求めた。今年秋の自民党総裁選への対応では、今月召集の通常国会の閉幕後に判断するとの考えを示した。首相は4日の年頭の記者会見で、早期の国会発議に意欲を示した。年内の発議を念頭に置いているとみられる。

スプートニク日本

改憲論議を巡り、首相は「スケジュールありきではない」と述べた。公明党の山口那津男代表は「国会で議論を深めていく姿勢だ」と指摘。立憲民主党の枝野幸男代表は、自衛隊の9条明記案は受け入れられないとの認識を示した。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала