インドでMRIに患者が「吸い込まれ」死亡【写真】

CC0 / / MRI
MRI - Sputnik 日本
インドのムンバイで男性の患者が核磁気共鳴(MRI)装置に「吸い込まれて」死亡した。インドのテレビ局NDTVが報じた。死亡したのはラジェシュ・マルさん(32)。マルさんは金属製酸素ボンベと一緒にMRI室に入った。するとスキャナの強力な磁場によってスイッチが入っていたMRI装置の内部に「吸い込まれた」。

スプートニク日本

装置の電源が切られ、マルさんは救出されたが、約10分後に集中治療室で死亡した。

​警察は、金属類を取り外さずにMRI室に入ることを許可した医師とそのアシスタントが過失致死罪で刑事告訴されたと発表した。

関連ニュース

くしゃみを堪えようとして咽頭破裂 英国の男性入院

激しい咳で66歳の米国人女性の肋骨が折れる

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала