英国 スクリパリ氏事件に対する自国の帰結の是非調査を化学兵器禁止機関に要請

© Flickr МИД России / フォトバンクに移行国連
国連 - Sputnik 日本
英国は化学兵器禁止機関に対し、 ロシア連邦軍参謀本部情報総局の元大佐、セルゲイ・ スクリパリ氏とその娘ユーリヤ氏の服毒事件について自国が出した帰結を調べるよう要請した。14日、英国の ジョナサン・アレン国連大使がこうした声明を表した。

スプートニク日本

アレン大使は国連安保理の会合場所に入る前に「我々は化学兵器禁止機関に対し、神経剤が使用されたことを報告しており、我々の行った分析を独自に調べるために要員派遣を要請した」と明らかにしている。

関連ニュース

スクリパリ氏事件 国連安保理が非公開会議を開始

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала