太鼓で会話する部族が見つかる

ドイツの言語学者が、ペルーとコロンビアのアマゾン川沿いに住むボラ族の太鼓による言語を解読した。

スプートニク日本

特定の叩き方が会話の様々な部分を意味し、間の長さも意味を持つ。リズムからは儀式と祝祭の公式言語、そして発表用の非公式言語が分類できる。フレーズは主に短く、例えば「魚釣りに行こう」というもの。こうした方法によるメッセージは20キロの距離で伝えることができる。

アマゾン川を下るグループツアーの観光客もボラ族によるメッセージを聞くことができる。しかし、1人での観光は非常に危険だ。

関連ニュース

マレーシアで未知の言語を発見

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала