フィギュアスケート新規則、反ザギトワ目的との意見

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / メディアバンクへ移行ザギトワ
ザギトワ - Sputnik 日本
五輪フィギュアスケートの2度のチャンピオン、マキシム・トランコフ選手が、プログラム後半でのジャンプに対する追加点数の加算規則変更についてコメントした。

スプートニク日本

トランコフ選手は、「シングルの選手と仕事をしているコーチにとってはもちろん、訓練を変更することになる。特に、これはエテリ・トゥトベリーゼ氏のグループに関係する。このグループでは、後半でのジャンプに期待している。今後、振り付け作業も見直さなければならなくなる」と述べた。

トランコフ選手の見解では、他ならぬロシアの女子フィギュアスケート選手が、プログラム後半でのジャンプ実現で有名だった。トランコフ選手は、「五輪で先例が作られたと私は考えている。なぜなら、五輪チャンピオンとなった他ならぬアリーナ・ザギトワ選手が、全てのジャンプ要素をプログラム後半で実現して大きなボーナスを集め、これによって勝利したからだ」と付け加えている。

関連ニュース・記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала