露外務省、カナダのマリファナ合法化は法的義務に大きく違反している

© Sputnik / Vitaliy Ankov / メディアバンクへ移行Работа экспертно-криминалистического центра УВД по Приморскому краю
Работа экспертно-криминалистического центра УВД по Приморскому краю - Sputnik 日本
ロシア外務省は、カナダがマリファナの使用や生産を合法化すると発表したのを受け、国の国際的及び法的義務に大きく違反しているとの考えを表した。外務省のホームページで発表された。

スプートニク日本

ロシア外務省は、カナダ国内で効力を有する麻薬条約は「医療や研究目的に限って」麻薬の使用を許可していると主張している。

また外務省は、「麻薬の自由化」は「ドラックフリー社会の構築」を妨げていると指摘し、「麻薬の普及を促進するのではなく、世界的な麻薬の悪との戦いに実際に貢献している他の国々も我々の声に賛同することに期待している」と発表した。

カナダ議会は19日、嗜好用としてのマリファナの使用を合法化する法案を可決した。これによりカナダでの犯罪件数が減少すると考えられている。法律は2~3か月後に施行される見込み。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала