エリザベス女王、必要な手術を拒否

© AP Photo / Andrew MatthewsBritain's Queen Elizabeth II smiles as she attends an event at Newbury Racecourse in Newbury England, Friday April 21, 2017.
Britain's Queen Elizabeth II smiles as she attends an event at Newbury Racecourse in Newbury England, Friday April 21, 2017. - Sputnik 日本
エリザベス英女王は膝に手術が必要だったが、予定している会見をキャンセルしないため拒否している。英タブロイド紙ザ・サンがバッキンガム宮殿筋の話として報じた。

スプートニク日本

同紙によると、エリザベス女王(92)は椅子から立ち上がるのに困難している。伝統的なチェルシー・フラワー・ショーでは友人たちに、膝が「駄々をこねている」と訴えた。「だが手術後は長いリハビリに通う必要があるため、彼女は手術を拒否している。彼女は信じられないほど勇敢だ」と関係筋は述べる。ザ・サン紙の関係筋はまた、王女が「騒ぎを起こしたくない」としている。

エリザベス女王は6月はじめには白内障手術を受けた。とはいえ、エリザベス女王はただ一つの公式行事も欠席しなかった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала