スカーレット・ヨハンソン、トランスジェンダーの男性役 『攻殻機動隊』の監督の新作映画で

© AFP 2022 / Don EmmertScarlett Johansson
Scarlett Johansson - Sputnik 日本
女優のスカーレット・ヨハンソンが、ルパート・サンダース監督の映画『Rub & Tug』で、トランスジェンダーの男性を演じる。ヨハンソンは、サンダース監督の『ゴースト・イン・ザ・シェル』で主演を演じている。 Deadlineが伝えた。

スプートニク日本

映画の舞台は1970年代の米国。女性に生まれたが自分は男だと考えるジーン・マリー・ジルという人物の物語。ジルは、実はそこでは売春が行われ、地元のサッカーチームにアナボリックステロイドを提供し、税金逃れをしているマッサージ店の経営者。

SNSでは、トランスジェンダーの俳優が演じる役だとし、ヨハンソンがこの役を引き受けたことに複数のユーザーが不満を表している。またユーザーらは、すでにヨハンソンが『ゴースト・イン・ザ・シェル』で「自分の役ではない」アジア系のヒロインを演じたことを指摘している。

© 写真 : Central Partnership (2017)Кадр из фильма "Призрак в доспехах"
Кадр из фильма Призрак в доспехах  - Sputnik 日本
Кадр из фильма "Призрак в доспехах"

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала