中国、「欠陥」殲15に代わる戦闘機を開発中

© AP Photo / Xinhua, Zha ChunmingIn this undated photo released by China's Xinhua News Agency, a carrier-borne J-15 fighter jet lands on China's first aircraft carrier, the Liaoning
In this undated photo released by China's Xinhua News Agency, a carrier-borne J-15 fighter jet lands on China's first aircraft carrier, the Liaoning - Sputnik 日本
現在中国空軍で用いている戦闘機「Jー15」の墜落事故が相次ぎ、中国は新たな艦載戦闘機の開発に着手した。サウス・チャイナ・モーニング・ポストが報じた。

スプートニク日本

新型戦闘機は一連の「容認できない技術的故障」を受けて特に必要性が増した。欠陥により、曲芸飛行のパイロット1人が亡くなり、1人が負傷した。

サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、関係者は「殲15は欠陥機だ。不安定な操縦系統が2年前の死亡事故2件の主な原因となった」と伝える。

殲15はエンジン2台を搭載したロシアの戦闘機「スホイ33」を基に設計。スホイ33の初飛行はすでに30年以上前。殲15に代わる新型機は2012年に開発された中国の「FC-31」を基に設計する予定だ。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала