仏サッカー代表選手、W杯後もロシアに残りたい

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / メディアバンクへ移行仏代表選手のサミュエル・ユムティティ(右)
仏代表選手のサミュエル・ユムティティ(右) - Sputnik 日本
仏代表選手のサミュエル・ユムティティとブレーズ・マテュイディは仏フィガロ紙のインタビューで、チームの雰囲気に満足しており、それをできる限り引き伸ばしてロシアに留まりたいと述べた。

スプートニク日本

「みんなとこうして後1ヶ月は過ごしたいね。楽しくて、常にやることがある。これは珍しい経験だ」とユムティティは指摘した。

仏フィガロ紙によると、マテュイディもそれに同意し、「ユーロ2012にはじまり4大会に参加したけど、ここでは一番体調がいい。僕たちは若くて勢いのある代表だ。ここには素晴らしい精神がある」と述べた。

モスクワのルジニキ・スタジアムで15日に行われる決勝戦では、フランスとクロアチアが激突する。

関連ニュース・記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала