日本医療機関の1割、保証人ない患者の入院拒否

厚生労働省の調べにより、医療機関の65%が入院患者に対して身元保証人を求めていたことが明らかになった。毎日新聞が報じた。

スプートニク日本

医師法は正当な理由なく診察を拒むことを禁じている。

うち8.2%は身元保証人がいないと入院を拒んでいたが、医師法は正当な理由なしに診察を断ることを禁じている。厚労省は、正当な理由とは医師の不在や病気に限られるとして指導を4月に通知した。

医療機関は身元保証人を求める理由に、入院費の支払い(87.8%)や緊急連絡先(84.9%)を多く挙げた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала