大学生が3Dプリンタで水中ジェットパックを印刷【動画】

© 写真 : 3D Hubs BlogПодводный реактивный ранец CUDA, напечатанный на 3D-принтере
Подводный реактивный ранец CUDA, напечатанный на 3D-принтере - Sputnik 日本
英国の大学生、アーチー・オブライエンさんが時速13キロの速度で泳げる水中ジェットパックを開発した。オブライエンさんが利用した3Dプリンター共有ネットワークサービス「3D Hub」が発表した。

スプートニク日本

オブライエンさんはイルカと一緒に泳ぐために水中ジェットを買いたかったが、価格が数千ドルであったり、重さ30キロだと判明した。そこでオブライエンさんは、自らジェットパックを設計し、3Dプリンターで印刷することを思い立った。

ジェットパックは上部から水を集めて2つの噴射口から水を放出する。速度はコントローラーによる調整可能で、動きの方向は体を傾けることで変えることができる。充電式。2019年には量産型を立ち上げる予定だ。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала