降板の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督の復帰を求めるファンが17万人に

マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の17万人を超えるファンがウォルト・ディズニーに対して、ジェイムス・ガン監督に第三部作の制作続投を許すよう求める請願書に署名した。請願書はサイト「Change.org」に公開された。

スプートニク日本

同シリーズ第1、2作を制作したガン監督は先に、10年前にツイッターに投稿した小児性愛や強姦に関するジョークが理由で首になった。

請願書には、ガン氏のツイートは下手なジョークで、「人生に数度まずいジョークを飛ばさなかった人間は世界に1人もいない」とある。さらに、ガン氏が10年前の愚かなジョークにつて謝罪を表明していることも指摘した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала