台湾、来年の国防費を664億円増額へ=頼行政院長

台湾の頼清徳行政院長(首相に相当)が、地域の平和と安定を保障する力を高め、中国に台湾だけで自足していることを示すため、2019年の国防費を5億9860万ドル(約664億7千万円)増やす方針だと発表した。

スプートニク日本

頼氏によると、中国本土からの圧力は中国と台湾の関係改善を全く促進せず、台湾をより強くし、台湾内の統一を進めるだけだ。

頼氏はさらに、台湾政府が米国に助けを要請し続ける方針だと付け加えた。

関連ニュース

台湾、国防費増額の方針 地域の平和保障掲げ

中国、さらなる対米関係は台湾に「困難を招く」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала