米、8月にもNAFTA新協定の締結狙う

ロバート・ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は、北米自由貿易協定(NAFTA)の協定を8月にも新たに締結できるよう望んでいると述べた。

スプートニク日本

ライトハイザー代表によると、メキシコのニエト大統領が退陣までにトランプ米大統領と協定に署名するためには、8月にも交渉を終了する必要がある。

米国は、11月4日までにイラン産原油の輸入を最小限にすることを望んでいる=ポンペオ国務長官 - Sputnik 日本
米国は、11月4日までにイラン産原油の輸入を最小限にすることを望んでいる=ポンペオ国務長官
ニエト大統領は12月1日に退陣し、7月1日に選出されたアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール氏が新たに就任する。

米、カナダ、メキシコはNAFTAを1992年に調印し、1994年から発効。トランプ米大統領の要求に応じ、新たな条件でNAFTAを新たに締結することを協議するハイレベル交渉が開始した。しかし5月に交渉は中断された。

NAFTAとはアメリカ合衆国、カナダ、メキシコによって署名され、北アメリカにおいて3か国による貿易圏を生み出した自由貿易協定である。

関連ニュース

米石油産業、新対露制裁に反対

日本がイラン産原油の輸入を停止するかもしれないのは、米国が脅した結果=専門家

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала