アジア大会 わずか8名の日本男子バスケ 準々決勝で奮闘惜しくもイランに敗退

© Sputnik / Alexey Filippov バスケ
バスケ - Sputnik 日本
27日、ジャカルタのアジア大会で行われた男子バスケットボール準々決勝の日本対イランは、67対93で日本は敗北した。

スプートニク日本

日本代表は先の不祥事でメンバー4名を欠き、8名での試合を余儀なくされた。マンドレ監督は4名が抜けるという異例な事態で、8名は最大限の力を発揮したと戦いぶりを評価し、罰則を受けたことについては「4名の選手らは大きな間違いを犯した。ルールは引き受けざるを得ない」と語っている。

日本は明日28日、5-8位の順位決定戦でフィリピンと対戦する。

関連ニュース

アジア大会でも日本人はゴミ拾い 中国人が着目【動画】

日本ボクシング連盟の山根会長が辞任を表明

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала