アフリカの武力紛争により20年間で500万人の子供が死亡

© Flickr / Arsenie CoseacLes enfants en Afrique. Image d'illustration
Les enfants en Afrique. Image d'illustration - Sputnik 日本
アフリカでの武力紛争により、20年間で500万人の子供が死亡したとみられている。ランセット誌に掲載された記事の中で述べられている。これは20年間で飢餓によって死亡した子供の数に匹敵する。

スプートニク日本

ウプサラ紛争データプログラム(UCDP)によると、アフリカでは過去25年間で国が参加したものと参加しなかったものを合わせて約630件の武力紛争が起こった。

特に2010年から危険な傾向がみられている。またアフリカ全土で社会的抗議の数が急激に増えているという。

研究プログラム「世界の疾病負担研究」によると、1994年以降、紛争は5歳未満の子供の死亡率の約0.4%を引き起こし、児童死亡率の世界的疫学における紛争の役割に関する問題を提起している。

関連ニュース

空から撮った写真が、貧富の差を示す

欧州到着後に逃走する不法移民、動画に撮影【動画】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала