過去から教訓を学ぼうとしない日本の反応は、平和条約問題の解決を妨げている=露外務省

© Sputnik / Natalia Seliverstova / メディアバンクへ移行露外務省
露外務省 - Sputnik 日本
ロシアは、第二次世界大戦終結73周年を記念して南クリル諸島で式典が行われたのを受けて日本が抗議したことに当惑した。ロシア外務省が発表した。

スプートニク日本

日本の菅官房長官は、南クリル諸島で第二次世界大戦終結を記念した式典が開かれたのを受け、外交ルートを通じてロシア側に抗議したことを明らかにした。

外務省によると、菅官房長官の発言は、日本が「アジアでの軍事侵略解放における軍国主義的日本の役割を忘れ去り」、第二次世界大戦の結果や、国連憲章に基づく現代の世界秩序の事物を無視し、「歴史的な健忘」に定期的に陥る傾向があることを物語っている。

ロシア外務省は、過去からしかるべき教訓を学ぼうとしない日本側の断固とした反応は「平和条約問題の解決に向けて深刻な障害とみなされている」と強調した。

関連ニュース

日本、クリルでの終戦記念式典に抗議

日本、防衛白書2018年版を公表 その基本姿勢

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала