ある柴犬が日本語の会話を習得、今では食事をねだることができるまでに

「紅(べに)」という名前の柴犬が、飼い主の女性の後に続いて日本語で単語を繰り返すことを習得した。今では、紅は「食べる」と「ハンバーグ」をほとんどなまりなく発音できる。

紅は時々、気を逸らしたり吠え始めたりするものの、うまくいっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала