NATO事務総長、「サイバー攻撃」が行われた場合、ロシアを報復攻撃すると脅す

© Sputnik / Vladimir Trefilov / メディアバンクへ移行NATO事務総長、「サイバー攻撃」が行われた場合、ロシアを報復攻撃すると脅す
NATO事務総長、「サイバー攻撃」が行われた場合、ロシアを報復攻撃すると脅す - Sputnik 日本
北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、ポータルAxiosのインタビューで、ロシアが「サイバー攻撃」を行った場合、NATOは北大西洋条約第5条を発動する可能性があると語った。

スプートニク日本

Britain’s Foreign Minister, Jeremy Hunt said that a risk of a no deal Brexit is rising. - Sputnik 日本
EUの英離脱担当の交渉官ら 英情報機関による盗聴を危惧
7月にブリュッセルで開かれたサミットでは、「ハイブリッド戦争」が起こった場合、NATOは武力攻撃が行われた場合のように、集団的自衛権を行使する条約第5条を発動できることが決定された。

ストルテンベルク事務総長は、第5条がどのような条件の下で発動されるのかをNATOは決して特定しないと強調し、「このメリットをいかなる潜在的な敵にも与えるべきではないと考えている」と指摘した。
その他にも北大西洋条約第5条では、「欧州又は北米における一又は二以上の締約国に対する武力攻撃は全締約国に対する攻撃とみなされる」と述べられている。

なおロシアは、サイバー攻撃を使って様々な国の選挙に影響を与えようとしたとの非難を繰り返し否定している。

関連ニュース

米選挙システムに小学生が10分でハッキング

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала