ある子どものための「専用駐輪場」 ネットが思わずほっこり【写真】

CC0 / Pixabay / 自転車
自転車 - Sputnik 日本
独ヴィースバーデンに住む4歳の男の子が、1年中、通りのある外灯のところに自分の自転車を立てかけていた。誰かが自転車がいつも同じ場所に駐輪していることに気づき、この場所を専用の「駐輪場」に変えてくれた。

スプートニク日本

ジャーナリストのクリスティー・ディーツさんは、息子が自分の自転車を、同じ通りの同じ外灯のところに1年中立てかけていることを知っていた。ところがある日の朝、息子が、誰かがその外灯にステッカーを張りつけたよ、と言ったのだ。そのステッカーには、明るい緑色の自転車の写真とともに、「自転車専用スペース」と書かれていた。そのことを知ったディーツさんは、見ず知らずの人が、時間と労力を惜しまずにしてくれた心温まる行為に感動した。

「誰もが本当に素晴らしい人になれる」と、ディーツさんはツイッターでつぶやいた。

ツイッターの利用者からすぐさま次のような書き込みが返ってきた。

​「すばらしい出来事だと思いました。気持ちを共有し、見ず知らずの人たちを笑顔にしてくれたことに感謝です。」

​「この出来事は自分のツイッターにポップアップされ続けている。見るたびに笑顔になる。」

​関連ニュース

学校の郊外学習で刑務所を訪れた少年、そこには父親がいた…

古いソ連時代の写真の男の子… ツィッターのおかげで発見

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала