日本空自と米空軍 東シナ海、日本海上で共同訓練

米空軍と日本の航空自衛隊は東シナ海と日本海を網羅する共同訓練を実施した。28日、日本の航空自衛隊司令部が明らかにした。

スプートニク日本

共同訓練には米空軍からは戦略爆撃機B52が、日本の航空自衛隊からはF15を主に合計16機の軍用機が参加した。

大日本帝国陸軍 - Sputnik 日本
北朝鮮高官 日本は20世紀の朝鮮占領に対して謝罪、賠償すべき
B25は米国グアム島のアンダーセン空軍基地から発進し、まず東シナ海上で日本の軍用機と共同行動を策定た。B25はこの後、日本海上の日本の空域へと移動し、共同訓練を行っている。

28日付けの読売新聞の電子版によれば、東シナ海と日本海上で日米両国の空軍が共同訓練を行ったのはこれが初めて。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала