沖縄知事選、30日に投開票 辺野古移設に審判

翁長雄志沖縄県知事の死去に伴う知事選は30日投開票される。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非を争点に、移設推進の安倍政権が推す候補と、野党が支援する辺野古移設反対派の候補に、県民の審判が下される。

スプートニク日本

立候補しているのはいずれも無所属新人で、前宜野湾市長佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、前衆院議員玉城デニー氏(58)、元那覇市議渡口初美氏(83)、元会社員兼島俊氏(40)の4人。

選挙戦は佐喜真氏と玉城氏による事実上の一騎打ちの構図となった。台風24号が接近した29日、各氏は街頭での活動を控え、電話などで支持を呼び掛けた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

期日前投票が過去最多、沖縄 知事選、台風が影響か

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала