南クリル諸島、強い地震の後も余震が続く

© Sputnik / Ekaterina Chesnokova / メディアバンクへ移行クリル
クリル - Sputnik 日本
南クリル諸島とその周辺では5日早朝にマグニチュード6.2の地震が発生した後、12回の余震が観測された。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局サハリン支部が発表した。

スプートニク日本

地震は最初の大きな揺れの後も続いており、最大でマグニチュード4にまで達している。

地震が発生したのは5日午前4時26分で、震源地はクナシル島のユジノ・クリリスクから北西に46キロの地点。

地震関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала