露連邦保安庁、サッカーW杯でドローンを使ったテロを阻止

© Sputnik / Alexei Druzhinin / フォトバンクに移行FSBのボルトニコフ長官
FSBのボルトニコフ長官 - Sputnik 日本
ロシア連邦保安庁(FSB)は、同国で今年夏に開催されたサッカーW杯でドローンを使ったテロを阻止した。FSBのボルトニコフ長官が明らかにした。

スプートニク日本

ボルトニコフ長官は、情報機関、安全保障機関および捜査機関の責任者らの会合の冒頭、「連邦保安庁の機関は、ロシアで開催されたFIFAワールドカップでテロリストによるドローンを使用する試みを見つけ、阻止するためにあらゆる対策を講じた」と述べた。

詳細は明らかにされていないが、そのような試みはワールドカップだけでなく、その他の「大規模な政治およびスポーツイベント」の準備および開催期間中にもあったという。

またロシアのコロコリツェフ内相も、サッカーW杯ロシア大会の前に、外国人サポーターを襲う計画をしていた7つの民族主義グループの活動を阻止したと発表した。

関連ニュース

攻撃を受けた記者が母親へのビデオメッセージを録画

ダーイシュの次の犠牲となり得る国は=ナショナル・インタレスト

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала