ロシア病院、切断する足を間違えたか 捜査当局が捜査

© Depositphotos.com / Kuzmafot老人
老人 - Sputnik 日本
ロシア捜査当局は、ヴォロネジ州の病院で女性患者の切断する足を間違えたとするメディアの情報を確認していると発表した。

スプートニク日本

一連のロシアメディアの報道によると、名誉教員で強制収容所を経験した年金受給女性であるマリア・ドロノワさんの右足に壊疽が始まった。

医者(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
エジプトで死亡した英国人の遺体から、心臓や腎臓がなくなる
息子がドロノワさんを即座に病院に送った。手術は終わったが、息子である男性が病棟に入った時に見たものは、右足ではなく左足が太もも中央まで切断された母親だった。

男性は州の保健省に問題を解明するよう訴えた。病院側は、両足の切断が必要で、病院の主任医師もこの決定を承認したと主張した。だが、壊疽が確認された右足が切断されなかった理由は説明されなかった。

現在、捜査当局と保健省がこの件を調査している。

関連ニュース

赤ちゃんの目から寄生虫11匹が見つかる

ケニア レンジャーが九死に一生 地元民の弓矢が頬を貫通

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала