D&Gが中国住民を侮辱 人種差別主義との非難 D&Gはハッカーの痕跡を見出す【写真・動画】

© REUTERS / Tony GentileЛоготип бренда Dolce & Gabbana
Логотип бренда Dolce & Gabbana - Sputnik 日本
文化問題に関する中国の官庁が、イタリアのファッションハウス「ドルチェ&ガッバーナ」による上海でのショーを取り消した。いくつかの恥ずべきスクリーンショットと、同社の創業者であるステファノ・ガッバーナ氏による発言が理由。

スプートニク日本

SNSのインスタグラムの女性ユーザーとのガッバーナ氏による私的なやりとりのスクリーンショットがネット上に出現し、このやりとりの中でガッバーナ氏は、中国を「糞の国」と呼び、中国人を「無学で汚い悪臭のするマフィア」だと評している。また、笑いとともに「君がこれを公表するのを私が恐れていると君は思っているのか?」と付け加えている。

Публикация от Diet Prada ™ (@diet_prada) 20 Ноя 2018 в 7:05 PST

しかし、ドルチェ&ガッバーナは間もなく、同社の公式ページがガッバーナ氏の個人用ページとともにハッキングされたと発表。同ファッションハウスの代表者らは、「我々は中国と中国国民に対し、専ら敬意を抱いている」と述べた。

先に、ドルチェ&ガッバーナは、新たな広告短編映画を公開し、人種差別主義的であるとの非難を受けた。動画では、中国人女性が中国の箸でイタリア料理を食べようと試みるものの、徒労に終わっている。

関連ニュース

3つの胸を持つモデル:ファッション週間の恐ろしい傾向…【写真】

仰天 グッチの新「頭」コレクション インスタに感染【写真】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала