ウィキリークス「偽ニュース制作者を告訴し収益源に」

© Flickr / Steve Rhodesウィキリークス「偽ニュース制作者を告訴し収益源に」
ウィキリークス「偽ニュース制作者を告訴し収益源に」 - Sputnik 日本
ウェブサイトのウィキリークスが新たな原則を導入すると発表した。この原則によると、フェイクニュースを制作する者を同サイトが告訴し、それによって収益を得ていくという。

スプートニク日本

ジュリアン・アサンジ氏(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
アサンジ氏、在英エクアドル大使館で一緒に住んでいた猫を手放す【写真】
ウィキリークスはツイッターで、「新原則:ウィキリークスは今後、ガーディアン紙のようなフェイクニュース制作者に対する告訴を、自らのビジネスモデルの中心部分とする。なぜなら、誹謗中傷が、ウィキリークスによる発表の力と正確性に対する最も予想され得る反応だからだ。告訴という手段は、我々の分析によれば、安定した拡大可能な収益源である」と表明している。

ウィキリークスは27日、トランプ米大統領の陣営の選対本部長だったポール・マナフォート被告によるジュリアン・アサンジ氏との面会が秘密裏に行われていたとする報道について、英ガーディアン紙を告訴するため、資金を集めるキャンペーンを開始したと発表した。ウィキリークスは同紙による情報を否定している。現時点では、キャンペーンの過程で集められた資金の額は、計画された30万ドルに対して3万6千ドル超となっている。

関連ニュース

ワシントン・ポスト紙:米国はアサンジ氏を訴追していた

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала