日本、国際捕鯨委員会から脱退の可能性

日本は、国際捕鯨委員会から脱退し、日本近海で商業捕鯨を再開する方針を固めた。共同通信が、消息筋の話をもとに報じた。

スプートニク日本

今年9月、日本は国際捕鯨員会に資源量が豊富なクジラの商業捕鯨の再開を提案したが、否決された。

ストーンヘンジ - Sputnik 日本
ストーンヘンジの巨石の運搬方法が解明
日本は脱退方針を年内にも表明する見通し。来年1月1日までに国際捕鯨委員会に脱退を通知した場合、来年6月30日に脱退することになるという。脱退した場合、南極海での調査捕鯨はできなくなるが、日本近海や日本の他的経済水域内で商業捕鯨ができるようになる。なお、多くの国や環境団体からの批判が予想されるため、このような行動に出る場合、日本は勇気を発揮する必要がある。

国際捕鯨取締条約は、商業捕鯨を禁止している。一方、1987年からクジラの「致死的調査」が許可されている。

関連ニュース

ロシアで一番有名な女性隠遁者に子犬が贈られる【写真】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала