東京地検特捜部、ゴーン前会長を再逮捕

© AFP 2022 / Eric Piermont日産のカルロス・ゴーン前会長(アーカイブ写真)
日産のカルロス・ゴーン前会長(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
東京地検特捜部は21日、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者を会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

容疑は、2008年10月ごろ、投資で生じた18億5000万円の損失を負担する義務を日産自動車側に負わせた疑い。

日産 - Sputnik 日本
日産、ゴーン前会長の後任人事見送り
東京地方裁判所は20日、ゴーン容疑者と、前代表取締役グレッグ・ケリー容疑者について、検察側が求めていた勾留延長を認めない決定をしていた

10日、東京地検特捜部は、5年間の有価証券報告書に自身の報酬を約50億円過少に記載したとして、ゴーン容疑者を起訴した。また容疑者は、2018年3月期までの3年間で約40億円の報酬を有価証券報告書に少なく記載した疑いが持たれている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала