大きな試練:世界最大の旅客機が、横風を受けながら着陸

英バーミンガム空港は、着陸する航空機にとって特に困難な状況を作り出す嵐のような風が絶え間なく吹いているため、着陸が難しい空港として知られている。

スプートニク日本

しかしエアバスA380のパイロットは、この世界最大の旅客機を強風の中、滑走路に進入、着陸させた。

電波航法システムは、計器着陸が最も困難な条件の中で航空機を着陸させることができるが、非常に強い横風を受けながらすべての行動をしっかりと、かつ適時に行うことができるのは、非常に経験豊富なパイロットだけだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала