国連事務総長機墜落事故 ベルギー操縦士の攻撃と証言

© AP PhotoБывший генеральный секретарь ООН Даг Хаммаршельд, 1959 год
Бывший генеральный секретарь ООН Даг Хаммаршельд, 1959 год - Sputnik 日本
1961年9月18日深夜、当時のハマーショルド国連事務総長が搭乗の国連機が墜落した事件で、ベルギー紙「デ・モルゲン」は空挺隊員のピエール・コッペンス氏の証言として、操縦士のヤン・ヴァン・リッセアム氏が国連機を撃墜した戦闘機を操縦していたと認めたと報じた。

スプートニク日本

公式見解では、ハマーショルド氏はアフリカの北ローデシア(現ザンビア)の航空事故で死亡した。国連機には計16人が乗っており、全員が死亡した。

デ・モルゲン紙が報じるところ、リッセアム氏は国連機への攻撃をコッペンス氏に告白した。コッペンス氏は現在スペインに居住している。

同紙はコッペンスの話として「ヤン・ヴァン・リッセアムが機体を撃墜したことを私は知っている。彼が自ら私にこのことを話したからだ」と伝える。

関連ニュース

ウーバー運転手、6件の殺害認める アプリに心身を乗っ取られたとの主張も 米

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала