レーダー照射問題 韓国、日本側の誤認を指摘

韓国駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機にレーダー照射したとする問題で、駆逐艦と共に韓国海洋警察の警備艇もレーダーを稼働していたことが明らかになった。聯合ニュースが伝えた。

スプートニク日本

聯合ニュースによると、照射事件発生時、韓国海洋警察の警備艇が北朝鮮漁船の救助活動を行っていた。

警備艇のレーダーが駆逐艦の火器管制レーダーと同じ周波数帯(Iバンド)を使用しているため、韓国は警備艇が稼働していたレーダーを日本側が駆逐艦の火器管制レーダーと誤認した可能性も排除できないとしている。

関連ニュース

日韓外相が電話会談 レーダー照射問題を協議

韓国防衛省、レーダー照射映像公開の日本に遺憾の意

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала