フィギュア全米王者が死去

© Sputnik / Maksim Bogodvid / フォトバンクに移行ジョン・コフリン氏
ジョン・コフリン氏 - Sputnik 日本
フィギュアスケートのペアで活躍し、全米選手権で2度優勝したジョン・コフリン氏(米国)が亡くなった。34歳。米国フィギュアスケート連盟がツイッターで明らかにした。

スプートニク日本

連盟は「私たちはジョンが死亡したという報せに衝撃を受けています。彼の父親のマイク様と姉のアンジェラ様、そして家族全員に心よりお悔やみ申し上げます」と投稿した。

​アンジェラさんはフェイスブックに、コフリン氏(33)が自殺したと投稿した。

コフリン氏は全米選手権で2度チャンピオンに輝いた。1度目は2011年にケイトリン・ヤンコウスカス選手と、2度目は翌2012年にケイディー・デニー選手とペアを組んで優勝した。また、同2012年には四大陸フィギュアスケート選手権で銀メダルを獲得した。

昨年12月、コフリン氏は性的暴行を行ったという告発を受け、活動停止処分を受けていた。

関連ニュース

フィギュア五輪銅のテンさん刺殺事件 懲役18年の判決

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала