グーグル、密かにユーザーに報酬を支払っていたことを認める

米グーグルは、スマートフォンのコンテンツへのほぼ完全なアクセスと追跡の可能性と引き換えにユーザーに報酬を支払っていた。

スプートニク日本

グーグルは、同様のスキャンダルがフェイスブックに生じた後、報酬の支払いについてニュースサイト「テッククランチ」に自ら認めた。

グーグルのアプリは2012年にリリースされた「Screenwise Meter」。18歳以上のユーザー(当初は13歳から)に対し、報酬と引き換えに写真や動画、メッセージ、インターネットトラフィックなどへのアクセスを提供することが提案された。これは、そのプラットフォームを通じたアプリ配布に関するアップルの規約に違反していた。

グーグルは、アプリがブロックされるのを待たずに、iOS版の「Screenwise Meter」を無効化し、アップルの規約に違反したことを謝罪した。
グーグルは、「Screenwise Meter」はデバイス内の暗号化されたデータにはアクセスできなかったと主張した。

裁判所 - Sputnik 日本
米国の裁判所、政治広告の規則違反に対し、GoogleとFacebookに合わせて45万5000ドルの支払いを命じる
「Screenwise Meter」の使用に対するグーグルの報酬は、明らかにされていない。なお先に「テッククランチ」は、フェイスブックが「Facebook Research」と呼ばれるVPNを設定した人たちに月20ドルの報酬を支払っていたと報じた。フェイスブックはこの報酬に対し、ほぼ無制限にユーザーの個人情報へのアクセスを得ていたという。

関連ニュース

iPhone ビデオ通話「Face Time」で盗聴が可能

仏 Googleに5千万ユーロの罰金

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала