沖縄の県民投票、期日前始まる  玉城知事「意義深い」

© AP Photo / Eric Talmadge米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市) - Sputnik 日本
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票は、期日前投票が15日午前から県内全域で始まった。玉城デニー知事は、住民票がある沖縄市の市役所で投票を済ませた後、記者団に「シングルイシュー(単一争点)で県民の意思を的確に表す投票は大変意義深い」と述べた。

スプートニク日本

沖縄市は、投票方式への不満から一時不参加を表明したが、選択肢が「どちらでもない」を加えた3択に増えたことを受け、参加に転じた。玉城氏は「少し時間がかかったが、最終的に投票権を行使できて良かった」と安堵の表情を見せた。

期日前投票所は、県内全41市町村の計53カ所に設置される。

 

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала