日本で「アフリカ豚コレラ」の生きたウイルスが初めて見つかる

日本の農林水産省は2日、今年1月に中国から中部国際空港に持ち込まれたソーセージから、高い感染力を持つ「アフリカ豚コレラ」の生きたウイルスが初めて見つかったと発表した。

スプートニク日本

なお「アフリカ豚コレラ」は豚やいのししに感染する伝染病で、人に感染することはないという。

日本のマスコミによると、ウイルスが見つかったのは豚肉のソーセージ。1月に中国から訪れた2人がそれぞれ中部国際空港に持ち込んだという。

NHKによると、農林水産省は国内に違法に肉類を持ち込んだ人をデータベース化して警戒するなど、対策を強化する方針。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала