ノーベル賞受賞者が語る老化を遅らせる方法

© Fotolia / Milatasノーベル賞受賞者が語る老化を遅らせる方法
ノーベル賞受賞者が語る老化を遅らせる方法 - Sputnik 日本
ノーベル賞受賞者の生物学者、エリザベス・ブラックバーン氏が、老化を遅らせる5つの簡単な方法を紹介した。ビジネスや技術ニュースの専門ウェブサイト「ビジネスインサイダー」に掲載された。

スプートニク日本

ブラックバーン氏は、老化は染色体の末端(テロメア)領域が短くなったためであるとする老化理論に関する自身の研究に基づき、老化を遅らせる5つの方法を挙げた。

  • ストレスに対処する

ブラックバーン氏は自身の研究で、自閉症やその他の慢性疾患を持つ子どもを育てる母親の行動を調査した。結果、よりストレスに強い女性たちは、テロメアが短くなるスピードがはるかにゆっくりであることがわかった。

  • 瞑想する

ブラックバーン氏のデータによると、2カ月間にわたって1日12分ずつ瞑想した人たちは、テロメアの変化を遅らせることができた。

  • コミュニケーションを増やす

軽蔑、いじめ、差別などはあなたのテロメアに影響を及ぼし、悪い影響が長期間続く恐れがある。

  • 結婚し、一生涯の友をつくる

2013年に実施された調査では、65歳から74歳までの既婚者298人がより長いテロメアを持っていた。長年の友情はテロメアの健康にも役立つ。

  • お金を稼ぐ

研究では、収入の高い人はテロメアもしばしばより長いことがわかった。これはお金を稼ぐことである種のストレスが取り除かれることと関係しているのかもしれない。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала