高額なデート代の都市トップ5 東京がランクイン

ロマンチックなデートの費用がもっとも高い都市は、スイスのチューリッヒだった。ドイツ銀行のシンクタンク、ドイチェバンク・リサーチが世界の主要都市のランキングを項目別にまとめた「マッピング・ザ・ワールド・プライス2019」にこうした結果が示された。

スプートニク日本

アナリストらは42カ国54都市を評価した。調査では、タクシーでの移動、レストランまたはパブでの夕食または昼食2人分、ノンアルコール飲料、映画チケット2枚、ビール2杯が基準とされたが、スイスのチューリッヒではこれらの総額は202ドルとなった。チューリッヒはまた同じくドイツ銀行がまとめた生活水準ランキングでも首位を占めた。

トップ・アーティスト賞にはカナダ出身のラッパーでプロデューサーのドレイクが選ばれた。 - Sputnik 日本
ビルボード・ミュージック・アワード 今年最高のミュージシャンが決定
デート代が高額な都市には、ノルウェーのオスロも入った。ここでの標準的な支払い金額は約164ドルで、デンマークのコペンハーゲンは約158ドル、東京は148ドル超、そしてニューヨークは約143ドルだった。

データ代が安い都市は、インドのムンバイ、トルコのイスタンブール、アルゼンチンのブエノスアイレス、エジプトのカイロなどで、42ドルから44ドルだった。モスクワのデート代は70.6ドルで、ランキング順位は37位だった。

​関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала