モスクワの抗議行動 政治危機を示すものではない 大統領報道官

© Sputnik / Sergey Guneev / メディアバンクへ移行ロシア大統領府のペスコフ報道官(アーカイブ写真)
ロシア大統領府のペスコフ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
ロシア政府は、モスクワ市議会議員選挙をめぐるモスクワでの抗議行動は、政治危機を示すものではない考えている。この点でロシア大統領報道官ドミトリー・ペスコフ氏が表明した。

ペスコフ氏は、同様の抗議行動は世界各地で行われており、それらは具体的な問題によって生じていると指摘した。

ロシア大統領府付属の市民社会および人権発展委員会議長 モスクワの集会に参加した女性への暴力を非難 - Sputnik 日本
ロシア大統領府付属の市民社会および人権発展委員会議長 モスクワの集会に参加した女性への暴力を非難
ぺスコフ氏は、「欧州の首都や世界中で抗議行動が行われており、時にはこうした行動にはさまざまな性格、抗議する、散歩する、楽しむということが混在することがある。こうした共生が生まれることから、そこで起こっていることを十分適切に評価する必要がある」と述べた。

デモは何から始まったのか?

7月の中旬から、モスクワでは、市選挙管理委員会に立候補を承認されなかった、モスクワ市議会選挙の無所属候補者を支援する運動が行われている。立候補が却下された公式な理由は、候補者が立候補のために集めた署名の多くが無効だとされたためである。

立候補できなかった候補者と彼らを支持する活動家は、実在の人物の署名も無効とされたと主張している。

モスクワ市議会議員選挙への立候補が認められなった候補者を支援する集会が7月14日、7月27日8月3日にモスクワで行われた。これらの行動は市当局の許可を得ていなかった。警察は集会で合計1万7千人を拘束した。8月10日には当局の許可を得た集会が開催された。ロシア大統領府付属の市民社会および人権発展委員会は2度にわたり集会参加者への警察の暴力行為について問題を提起している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала