国際原油価格が下落 一義的ではない米国内備蓄と需要への危機感が影響

© Sputnik / Maxim Bogodvid / メディアバンクへ移行国際原油価格が下落 一義的ではない米国内備蓄と需要への危機感が影響
国際原油価格が下落 一義的ではない米国内備蓄と需要への危機感が影響 - Sputnik 日本
国際原油価格は22日、米国の発表した週間原油備蓄統計が一義的ではなかったことと、原油需要への危機感によるグローバル経済への不透明感から下落している。

日本時間14時31分の時点でブレント原油10月先物価格は0.41%安の1バレル 60ドル04セントに、WTI原油10月先物価格も0.38% 安の1バレル55ドル47セントの値を付けている。

米エネルギー省の統計によれば、先週の米国内の原油備蓄は270万バレル減少した。アナリストらはそれより少ない減少を予測していた。一方でガソリン備蓄は減少の予測に反して、31万2千バレル増加している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала