ヒューマノイドロボットを搭載した「ソユーズ号」 2度目の試みで国際宇宙ステーションにドッキング

ヒューマノイドロボット「ヒョードル」を搭載した宇宙船「ソユーズMC-14」が国際宇宙ステーション(ISS)のロシアのセグメント「スター」モジュールとのドッキングに成功した。中継は「ロスコスモス」社のウェブサイトを通じて行われた。

ロスコスモス社のツイッターでは、「宇宙船『ソユーズMC-14』は国際宇宙ステーションのロシアのセグメントとのドッキングに成功した」と報告がされた。

ソユーズ号は約670キログラムのドライカーゴを供給した。

8月24日、ヒューマノイドロボット「ヒョードル」を搭載したソユーズ号は、ISSへのドッキングに失敗した。その後、再度ドッキングを行うことが決定していた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала