原油価格上昇 API(米国石油協会)ストック減少情報を受けて

© Sputnik / Maxim Bogodvid / フォトバンクに移行原油
原油 - Sputnik 日本
取引データによると、国際原油価格は水曜午前、上昇している。API(米国石油協会)の米国内の原油ストック減少の情報を背景としている。

日本時間14時21分の時点で、北海ブレント原油先物11月限は0.87%高の62ドル92セント/バレル、WTI原油先物10月限も0.92%高の57ドル93セント/バレルの値を付けた。

ジャック・マー氏(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
アリババ創業者ジャック・マー(馬雲)氏、会長退任
APIの情報によると、米国のストックは先週720万バレル減少。米エネルギー省のストック公式データは水曜日に発表される。専門家らは、エネルギー省の発表は260万バレル減の少量の減少になると予想している。

その他、関係者は火曜日午後に発表された米エネルギー省の短期予測に注目している。エネルギー省は2019年および2020年の国内の採掘予測を3万バレル減の、それぞれ日産1224万バレルおよび1323万バレルと修正した。

米国ストック減と減産予測により、世界市場の原料余剰の危機感は弱まった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала