コーヒーがこぼれて旅客機が緊急着陸

© Sputnik / Maksim Blinovコーヒーがこぼれて旅客機が緊急着陸
コーヒーがこぼれて旅客機が緊急着陸 - Sputnik 日本
旅客機のパイロットが今年2月、操縦室内の制御盤にコーヒーをこぼしたため、緊急着陸を余儀なくされていたことがわかった。RTが報じた。

ドイツのフランクフルトからメキシコのカンクンに向かっていたエアバスA330-243型機は2月、パイロットの1人が制御盤にホットコーヒーをこぼしたため、アイルランドのシャノンに緊急着陸した。制御盤から煙が出て、約1時間後、制御盤のボタンが溶け出したという。複数の機器が故障し、通信に問題が生じた。

​なお、けが人は出ていない。

英国の事故調査当局の報告書によると、パイロットは、カップのサイズが合わなかったため、コーヒーをカップホルダーではなく、折り畳みトレーの上に置いていた。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала